お役立ち!仏壇の通販購入はこの6サイト

TOP > 仏壇の通販について > 仏壇の購入前後に利用できる通販

仏壇の購入前後に利用できる通販

仏壇を購入する時期は、多くの場合、ご家族に不幸があった時であり、一般的には四十九日法要までに準備が必要となります。
そのため、迅速に対応するのは、仏事・仏具専門のネット通販です。
この時に考慮すべきは、仏壇の大きさで、コンパクト・スマート・ワイドなど様々です。
まずは、設置場所を決めるのが先決で、このことで、どの程度のサイズ感の仏壇を選ぶ必要があるのか、簡易化できます。
ここで注意したいのは、扉の開閉も考慮しなければならない点で、普段、開いた状態でもあるため、サイズチェックは大事です。
それを踏まえて予算を決めますが、仏壇購入の平均予算は全国的に30万円前後です。
ネット通販でも、伝統的である金仏壇も取り扱われています。
金箔に漆塗りが特徴ですが、安価な断ち切り金箔や海外製が使用されていることも少なくはありません。
伝統技法での金仏壇を求める場合、金箔を貼る接着剤には天然漆を使用しているため、こうした違いを確認するのも大事です。
宗派によるデザインの違いがないのは唐木仏壇で、ネット通販で売れ筋なのは、代表的な黒檀よりも桜や欅など、薫りの良い木材に変遷されています。


通販を利用した後、焦りがちなのは、仏壇の安置場所でもあり、特に決まりはないものの、住宅事情では近年、和室や仏間を設けるケースが減少しています。
そのため、デッドスペースや家具上に安置するケースが増加しているのは都市型住宅の特徴です。
直射日光は避け、風通しが良いことはメンテナンスに関わるため重要ですし、床面が水平でなければならず、設置まで依頼できるネット通販を利用するのも利得です。
古くから建つ住宅では、予め、仏間の高さ・幅・奥行を測りますが、高さは鴨居下から測り、仏間のサイズより若干小さめ基準、拝む向きまで考慮して購入するのもポイントです。
しかし設置時に、金箔・彫刻・漆などにキズをつけてしまう可能性もあり、個人で設置は避け、また、キズつけた場所は触らず、修理可能なのか問い合わせることも必要です。


仏壇を修理できる工場は減少傾向で、ネット通販の多くは仏壇メーカーに修復を依頼しています。
この時、トラブルになりやすいのが、化学塗料や安価な金箔を使用した修復作業で、高額で購入したにも関わらず、修復で品質が下がることも無きにしも非ずです。
優良業者を見分けるにも、どこで修理し、どんな内容・過程なのか、詳しく説明してくれることをポイントに据えておきます。
塗りの伝統技法を掲げていれば、1つ1つを丁寧に修復してくれますし、短納期での修復よりも、高度技術を持った職人による伝統技法で修理するため、時間のかけ方もポイントになります。
修理と一口に言っても、部分修理もあり、金仏壇では金箔部分の修理、漆の艶出しがあり、約5万円から10万円程度が相場です。
新品同様に直しが入るのは完全修復で、全塗り替え・貼り換え、さらに彫刻や蒔絵も修復しますが、約50万円から500万円など、費用の差の開きが大きいこともあり、事前に見積もりで検討することも必要と言えます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ